GPS:4月の6バグは明日です

あなたはGPSを持っている場合は、関係なく、その製造業者(ガーミン、お知らせメールTomTomマッピー)の、その&#8217可能であり、それは誤動作明日、4月(土曜日)6の対象となります。 原因? カレンダー管理に関連するソフトウェアの制限。 8217&#へのコンピュータ・コーディング、問題の有名な&#8220、バグ6 8221 4月&#; 恐れられてい[...]

技術的な制限によりすべてのGPSチップに影響を与えるバグ

GPSを所有している場合は、その製造元(Garmin、TomTom、Mappy)に関係なく、明日の土曜日の6 4月に誤動作する可能性があります。 問題ありますか? カレンダー管理に関連するソフトウェアの制限

問題を引き起こすコンピュータコーディング

によると、ユーザーが怖がって専門家によって発表された有名な "April 6バグ"は、 "彼らはGPSチップで動作する瞬間から"すべてのGPSデバイスに影響を与えます。 ガーミン通信長。 このバグは1024週間を超えてカレンダーに保存できないため、更新を強制的にリセットすることができます。これはWNROと呼ばれ、「Week Number RollOver」または「reset of」のリセットです。カレンダーの番号付け 最後のものは1999であり、そして運命の日付は土曜日6 4月に当たる。

最も影響を受けるGPSは2019より前に製造されたものであり、他のものよりこれらはリセットを必要とするかもしれません。 何人かの専門家は、このバグはディスプレイ、GPSのレンタルやガイドの機能、時計だけには影響しないと言っていますが、注意が必要です。 ナビゲーションアプリケーション(OpenStreetMap、Waze)は絶えず更新されているので影響を受けません。

車載用GPSは、インストールする必要があるUSBキーにファイルをダウンロードすることで更新できます。 リムーバブルGPSは、デバイスをインターネットに接続されたコンピュータと同期させることによってアップデートの恩恵を受けることができます。TomTomは提案します 専用ページコヨーテ également 10年以上のGPSのために、しかしMappy(Logicom)とGarminいいえ、両方とも彼らの装置が4月の6バグによって、またはごくわずかに影響を受けないことを保証する。

この記事は、最初に登場しました https://www.begeek.fr/gps-le-bug-du-6-avril-cest-demain-312028