川崎で開催されたアイアンペニスフェスティバルかならまつり

(4月のオリジナル記事2013)

4月の毎週日曜日には、長い間、川崎市では3つのパレードが開催されています。 何百人もの女性ではないにしても、何百人もの女性が神殿に集まっているので、またはそれに関する地元の伝説のおかげで。 伝説は独創性を欠きません。 彼女によると、鋭い歯を持つ悪魔が女の子の膣内に隠れていた、と彼は続けて彼らの結婚式の夜に2人の若い男性を去勢した。 すぐに、鍛冶屋は悪魔の歯を破るために鉄の陰茎を作りました、そして、その時から、物体は聖なる遺物になりました。 このフェスティバルで、私達はペニスを崇拝していることをあなたは理解しています!巨大な寸法を持つ3つのヤードが街中をパレードしました。 大きな木製のペニス 神輿 ミコシ形のボートの中で最も古い、黒い鉄製のペニス、そして最後にミコシの中の巨大なピンクのペニス エリザベート 屋根なしで、男性が身に着けていた装い。

今日では、若い女性が一方では性病に対する「神の」保護を受け(過去には多くの売春婦がパレードに参加していました)、またその出生率を高めています。 しかし、外国人観光客の大群があいまいな形でキャンディーを買って、彼らの帰りに友達を笑わせるような写真を作るようになったことも考慮に入れなければなりません。

この版2013のために、DozoDomoはあなたに一連の写真と未発表のビデオを発見することを提供します!

かなまらまつりかなまらまつりかなまらまつりかなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり

かなまらまつりかなまらまつりかなまらまつりかなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり

かなまらまつりかなまらまつりかなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり

かなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり
かなまらまつり かなまらまつり

かなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり
かなまらまつり かなまらまつり

かなまらまつりかなまらまつりかなまらまつり

かなまらまつり かなまらまつり

この記事は、最初に登場しました https://dozodomo.com/bento/2019/04/07/kanamara-matsuri-la-fete-du-slip/