反逆! 「女王は大丈夫だったが、私たちはチャールズを持っていない」 - 共和国は教師に署名する

時が来るでしょう クイーンエリザベス2世 私たちと彼の息子、王子と一緒に長くなります チャールズチャールズ イギリスの王になるでしょう。 エリザベス女王は1952以来君主だった、そして時が来れば、チャールズはその役割を引き受ける準備ができているだろう。 しかし、ドキュメンタリーは、チャールズがいつかこの記事を占領するべきであり、女王がイギリスの君主制のための「最後の肯定的な結果」になるであろうと提案するかどうか疑問に思いました。

YouTubeのドキュメンタリー映画 『チャールズ皇太子の狂気』、オックスフォード大学の社会心理学教授、ピーター・マーシュ氏は、次のように述べています。「女王が死んだときには、合意が得られる時だと思います。この国の君主制はかつてあったかもしれないどんな前向きな機能をも超えたという事実に基づいて成長しています。

「現時点では、この種の共和党員は私たちに女王は大丈夫だと思うことを許しているけれど、チャールズはいないと思います」

2019の世論調査では、イギリス国民のほぼ半数がチャールズ皇太子を遠ざけて長男のウィリアムを次の王にすることを望んでいることを示しました。

The Independentに関するBMGの調査研究によれば、英国人の46%はケンブリッジ公爵が引き継ぐことを可能にするために王位の最初の人を排除することを望んでいる

チャールズ皇太子SNUB:君主制の最後の肯定的な結果として見られた女王

チャールズ皇太子SNUB:君主制の最後の肯定的な結果として見られた女王 (画像:Getty)[19659009]さらに、回答者の27%はクラウンをウィリアムに直接送信することに対する「強い支持」を表明した。

チャールズの評判はダイアナ妃との結婚失敗から確かに向上していますが、プリンスオブウェールズの伝記は抜粋されています。 いくつかのパンチ。

作者のTom Bowerは、「The Rebel Prince」というタイトルの、2018のCharlesの未承認の伝記の中で、「愛玩者」と「嫉妬深い人」について話しました。

王室の伝記作家サリー・ベデル・スミスが2017でそれを強調するように気を配っていた間、チャールズは彼が時々「皮膚に絶望的であったことを認めたけれども」元気で憤慨している "。

チャールズ皇太子SNUB:最後のポジティブな君主国としての女王プリンスチャールズSNUB:最後のポジティブな君主国としての女王

エリザベス2世女王は1952以来の君主です (画像:ゲッティ)[19659015] var brightcoveBrandsafety = ''

有名な人権弁護士が、私たちが君主制さえ必要としているのかどうかという問題を提起しました。

David Haighは2018でアイルランドタイムズに言った: "あなたが君主国に合理的に話すとき理にかなっている - 私たちが君主国や共和国を持っていたならば、国の管理 - 人々が頭の中で話すとき、彼らは通常、そうではないと言います。

「しかし、人々は感情的に異なる行動をとると思います。 彼らは思う、ああ、それはすごくいいね。 それは良い伝統的なことであり、それらはEastEndersのように、良くありません。 そして心臓は激しく鼓動する»

アイルランドタイムズ紙の記事によると、「君主制の要であり続ける」のは女王です。

この記事は、最初に(英語で) 日曜日の明示