「フランスは今日、欧州統合にとって最も恵まれない国のひとつです」

「世界」のトリビューンでは、政治学者ブルーノ・コーストが欧州委員会が行った最新の世論調査の結果を分析しています。

03h19に今日投稿されました 時間 講義6分。

購読者の記事

Lヨーロッパの統合に関するフランスの報告書は、しばしば「あいまいな」と言われてきました。同時に私たちはその主な原則に精通していると同時に、そのモダリティと社会システムへの影響について心配しているでしょう。経済的。

最近の調査からのデータはこの立場を証明している:ユーロバロメーターの最後の波 (90.1ユーロバロメーター、10月2018) ヨーロッパ人の68%が、 「彼らの国は欧州連合の加盟国から恩恵を受けています。 (EU) »しかし、それはフランス語の64%の場合です。 ヨーロッパ人の62%は、自国のEU加盟国は 「いいことだ」 フランスでは61%に対してのみ。 他の指標は例外ですが、これはフランスにおける欧州統合の要請に対する強い支持を反映するものではありません。

しかし、それでは、今日のフランス人は、欧州選挙の前夜に、EUへの報告書のどこにあるのでしょうか。 他のヨーロッパ人とどのように関係がありますか?

動揺

15年から20年の間、ヨーロッパに関する意見の地理学において非常に重要な変革が行われてきたことに気づくことから始めましょう。 1990年と2000年の初めまで、南の非常に「ヨーロッパの」国と北のEUで非常にまたは幾分否定的だった国(スウェーデン、デンマーク)の間に強い反対がありました、地図ヨーロッパへの支援は今日、ほぼ完全に混乱しています。 2008の経済危機から10年後、私たちが以前に知っていたデータに似ているものは何もありません。 EUに対するEUの支援のマッピングは、加盟国が10年間にわたって経験してきた経済と移民の危機によって深刻な混乱をきたしています。

欧州委員会が実施した世論調査であるユーロバロメーターからの豊富なデータのおかげで、この激動の程度を測定することができます。

この作業により、1つまたは2つの意見指標に頼らないようにできます。 実際、ヨーロッパ人のEUに対する態度の論理を理解するためには、それらが複数形であり、異なるレベルの評価であると考える必要があります。自分の国のEU加盟はむしろ良いことであるというかなり広範な考えは、実際にはヨーロッパの建設に対する非常に一般的で普及したレベルの支援にすぎません。 Eurobarometerのおかげで、ヨーロッパに対する多数の意見と態度を組み合わせた、より複雑で多変量の分析を実行できます。

この記事は、最初に登場しました https://www.lemonde.fr/idees/article/2019/04/09/la-france-fait-aujourd-hui-partie-des-pays-les-moins-favorables-a-l-integration-europeenne_5447639_3232.html?xtmc=france&xtcr=1