4月の13は、癌に関する言論の自由のためにCancer Prideが開催されます

2018データINCa(国立癌研究所)によると、400 000は、診断された癌の新たな症例の数(発生率)であり、157 400は、フランスの2018における死亡数であると推定される。 社会と健康政策の使命を担っているガン対抗協会への代表を務めるエマニュエル・ジェームズは、次のように述べている。 60%治療50%治療15年前に癌を持つ人々のための13%治療があります。 それでも社会の視線は、この病気についての不名誉なままです。 土曜日の2019 4月50がパリの通りで最初に歩く市民Cancer Prideとなるのは、この社会の主題に関する言葉を解放することです。 Institut Curieによってサポートされているこのイベントは、癌についての言葉を解放し、情報を得る機会です。 この初版は、癌との闘いに関わっている患者、親戚、そしてすべての関係者を集めます。 それはXNUMX以上のパートナーによって組織されています。 プログラムでは:偉大な市民の散歩に続いて娯楽。

癌と闘う俳優たちを団結させるための市民行進

「私が腫瘍学で働いている25年以来、私はすべてのアクターをまとめる集団組織を見たことがありません。 この最初のシチズンウォークは、統一的なイベントです」と、広報担当マネージャのCatherine Goupillonは説明します。ゲーテキュリー。 「病気、悲しい、幸せな人は誰でも、予防を進め、患者の汚名を減らし、市民の声を聞きたいのであれば、知っておく価値があります」と同研究所と共同で組織しているMakesense氏は述べています。 INCaとUnicancerの制度的支援を受けて、キュリー、AP-HP、キャンサーリーグ、およびCanChange Association。

Cancer Pride:一般の人々に言論の自由を伝える

目標は? すべての癌の周りの単語のロックを解除し、癌の社会的および社会的問題の周りに自分自身と公の場で表現し、病気の人々の日常生活を容易にするためのアドバイスを広めます。 今週の土曜日13 4月2019、 ガンプライド 12hと13hの間を続行する前に、パリの共和国の14hの場所から、素晴らしい市民ウォークで始まります。 14hから20hまで、パートナー組織は活動村の18ブースで彼らのソリューションに通行人を参加させます。

この記事は、最初に登場しました http://www.carenews.com/fr/news/12855-le-13-avril-aura-lieu-la-cancer-pride-pour-liberer-la-parole-sur-le-cancer