中央アフリカ共和国の危機

東部州知事によるプロジェクト「I yeke oko」の立ち上げ式この9 4月Bertouaでの2019(c)Reserved Rights

今後数日のうちに、同名の社会政治的危機の影響を受けた中央アフリカ共和国の難民は、基本的な社会サービスへのアクセスの拡大と平和と社会的結束の強化に対する重要な支援から再び恩恵を受けるでしょう。

フランス赤十字によって開始されたプロジェクトは、カメルーンのKadey部門とCARのMambéréKadeïCommuneで行われます。

この9 5月2019日は、「私はオッケー」というタイトルのプロジェクトの効果的な開始を示します。 Bertouaでの同プロジェクトのコーディネーターによる説明によると、「CAR(Mambéré-Kadeï)とカメルーンでは、中央アフリカ危機による人口移動の影響を受けた、地域のバランスのとれた、同時に持続可能な開発に貢献することが問題です。 (Kadey)」。

クレームロワールはまた、フランス赤十字社とそのパートナーは以下を強化することを計画していると述べました: "社会的統治; 社会的絆の強化 農村経済の復活、監視と評価、そして情報収集システムの開発の資産化 "。

そのやり方の中で、フランス赤十字社とカメルーン赤十字社のコンソーシアムは、ACF、CARE、NRCの間で共有されているKadey部門の長であるBatouriに事業拠点を設立する。 プロジェクト調整チームもそこに配置されます。

さらに、コンソーシアムのメンバーはすでに地方自治体の関与を促進するためにコーディネーターが頻繁に訪問する両方の首都に事務所を持っています。 CARでは、NRC、フランス赤十字、およびIRAMの運用チームは、Mambéré-KadeïのコミューンのBerbératiを拠点とします。

クレメンス・ロイヤー氏は、「プロジェクト全体を通じて、中央当局とその領土担当者が関与することで、展開されている活動の持続可能性と協議体制を確実にすることができるだろう」と述べた。 証拠、地域の知事は彼の公式の油注ぎを与えました。そして、プロジェクトの厳粛な進水式を統括しています、私はオケーよ。

グレゴワールは、プロジェクトの適切な遂行に個人的に関与するようにスタッフを招待するだけでなく、カメルーンの赤十字、フランスの赤十字、および関係するすべてのパートナーを祝福する機会を得ました。

このプロジェクトの資金は、フランス開発庁(AFD)がMinka-Inititative Ga Songo基金(12十億ユーロ)に基づいています。

中央アフリカの危機

中央アフリカ共和国は、その発展を妨げてきた繰り返しの危機を経験しました。 2013-2014のそれはその国の社会的および経済的構造を破壊し、それを2016人間開発指数の中で世界の最後に置きました。

強制変位は2016の後で停止しませんでした。 今日、彼らはその国(621 000)または近隣諸国(573 000)の中央アフリカ人の4分の1以上に関係しています。 この半数はカメルーンに住んでおり、帰国調査の結果、心理社会的トラウマ、持続的な不安、機会の欠如により、大多数の人は自発的にCARに帰ることを望んでいません。社会経済的。

東部地域だけでも155 000中央アフリカ人難民の数が多く、地元住民の15%に相当します。 例として、KadeyのKentzouの町は、37 596中央アフリカ難民を含む16 147魂を数えます。

この新しい人口は、基本的なインフラへの圧力を増しています:学校、保健センター、飲料水の場所...不安の増加、農地と牧畜家の間の紛争の発生、土地の不足のため住宅や食料の不足を忘れていました。

この脆弱性は、特に少女と女性に対して否定的な適応と虐待の戦略を引き起こします:早婚、児童労働、とりわけ搾取。 また、エンパワメントへの介入は、可能性のあるリターンの準備を含む、優先課題です。

しかし、UNHCRによる援助と人道支援は、開かれた紛争地域を支持して著しく減少しました。 これは、フランス赤十字社とカメルーン赤十字社のI yeke okoプロジェクトの到来が受益者にとっての安堵のため息であることを意味します。

パー ギュスターヴエポック | Actucameroun.com

この記事は、最初に登場しました https://actucameroun.com/2019/04/09/crise-centrafricaine-les-deplaces-internes-et-externes-de-nouveau-au-petit-soin/