インド:センターはRTIの下で文書を分離できない、国家安全保障を引用、SCは言う インドのニュース

ニューデリー:最高裁判所 水曜日に、センターは法律に基づく文書の開示を妨げる​​ことはできないと述べた。 RTI そのような情報の保持は、それを開示するよりももっと有害であると確立されたならば、国家安全保障を引用する。

K.ジョセフ裁判官は、ラファレとフランスの間の契約に関する判決の見直しを求めるために開示された文書に依拠することによって最高裁判所が嘆願を支持する別の、しかし一致する38ページ判決に介入した。

彼は彼らに対する「特権」に対する政府の予備的反対を却下した。

Joseph裁判官は、8(2)に基づくRTI法は、国の安全保障や人間関係などの分野においても情報を求める権利を持つ「計り知れない彼らに服を着せる権利」を市民に与えたと述べた。市民の間で。 外国の状態で。

「尋ねるという事実だけでは情報が得られないことは疑いない。 原告は、そのような情報の保持はその開示よりも大きな偏見を生むことを立証しなければなりません "とジョセフ裁判官は言いました。

同氏は、安全保障上の開示の原則および外国との関係は公益であると述べた。

「正義の権利は不変です。 彼は免責されています。 それが他の利益に及ぼした要求は非常に圧倒されているのでそれはすべての文明国家の基礎です。 法律自体の進化は、正義の権利の認識に基づいています。 完全に発展した国の不可欠な特性として。

「憲法の前文は、社会的、経済的または政治的にかかわらず、正義が達成されるべき目的であることを宣言している。 公正で効率的な司法管理システムを整備することはすべての州の義務です。 憲法の基本的要素として認められている "と彼は付け加えた。

裁判官は、RTI法の8(2)が公式秘密に関する1段落8または1923法の下で宣言された免除のどれもが導入されていないことで導入された法的革命を明示したと述べた開示の一般的な利益が保護された利益の侵害を覆い隠す場合、情報へのアクセスを妨げることはできません。

Joseph裁判官は、RTI法の24条は、汚職および人権侵害に対する容赦のない徹底した十字軍の重要性を強調したと述べた。

「司法制度の管理の最も重要な側面は、重要な要素に基づいてその主張を主張する当事者の能力です。 例外的な例外を条件として、しかしながら、個人が直面している一見不可能な障害の中で、証拠を用いて事件を証明する能力には限界があることは疑いの余地なく確立されている。もっと重要なのは、関連する証拠です。

「証拠を集める能力は、それゆえ、真実と正義の勝利を確実にするための最も重要な側面です。 したがって、8セクション(2)をこの文脈では考慮する必要があります。 操作に対する特権の盾への影響は否めない」と彼は言った。

問題がセキュリティまたは外交関係に関連している場合でも、市民は情報アクセス法に基づく文書の公認コピーを入手できると述べた。

ジョセフ裁判官は、そのような文書が法廷で作成された場合、政府は確かにその特権を主張できないと述べた。

「情報権利法の下では、市民がITR法の8(2)条の下にある文書の認証コピーを入手できることは明らかである。もしそのような文書が作成されたとしても、特権の主張は確かにうそをつくことはないだろう」とジョセフ裁判官は述べた。

裁判官は、情報アクセス法の8(1)(a)に該当する事項に関する情報を入手する絶対的権利がなくても、裁判所は述べた。この文書の下で議会によって導入された新しいシステムによって完全に免れることはできませんでした。 特権の主張の問題に関する法律。

同法の範囲内にある事項については、情報アクセス法に基づき、同省職員が本法に基づく情報へのアクセスを許可することが認められていることに留意すべきである。 8(1)a)ケースが基づく場合:セクション8(2)。

彼は、裁判所によって審査された文書の文脈は適切であり、証拠が得られた方法、すなわち違法に得られた方法は、通常はそれほど重要ではないと論じることはできないと述べた。 :彼自身。

裁判官は、問題となっている3つの文書は「ヒンズー教徒」に発表されたものであり、正式に発表されたのではないことは事実ですが、これらの文書の内容自体は問題ではないと述べました。

「事件は特権の主張に厳密には関係しておらず、出願人は原告を作成するよう被告に要求していない、そして既に述べたように、国家はその正確性に反対しないドキュメントの内容 回答者の要求は、ファイルから文書を削除することです。

「審査の原因となった書面による出願では、重大な過失が最高レベルの権限で犯され、出願人は汚職防止に関する法律に基づく措置を主張していると主張されている」ジョセフ裁判官は言った。 。

この記事は、最初に(英語で) インドの時代