カルロスゴーンは少なくとも4月まで日本で監護権を維持している22

東京裁判所は金曜日にカルロスゴーンの監護権の延長を4月22まで決定した。 彼の新たな逮捕は4月の4で起こったので、彼は首都の北、小菅刑務所にいる。

金曜日の東京裁判所は、彼の最後の逮捕から10日以内に、警察の監護権の延長を承認した。 カルロス·ゴーン 申し立てられた金融過誤の新たな容疑の一環として、4月まで。

この決定は、議論を詳述していない簡単な声明で発表されました。

この期間の終わりに、65歳のルノー日産の元CEOは起訴されるか、別の理由で再び逮捕されるか、起訴なしに釈放される可能性があります。

彼以来 新しい逮捕は4月に東京の自宅で起きましたカルロスゴーンは保釈されてからわずか一ヵ月後、首都の北にあるコスゲ刑務所に入り、検察の捜査官から定期的に尋問を受けている。

彼らは、海外の製造業者の自動車の販売代理店を通じて、日産からの資金の不正使用の疑いについて彼に質問します。 記録に近い情報筋によると、これはオマーン国です。

検察局によると、15の終わりから2015の中間までの合計2018百万ドルのうち、5百万は彼の個人的利益のために使われました。

カルロスゴーンは、11月に東京で逮捕された19を揺り動かし、日産の指導者たちによって襲われた「陰謀」の犠牲者であると主張し、彼の無実を主張した。

記事のソース:https://www.france24.com/en/20190412-carlos-ghosn-reste-detention-japon-jusquau-22-April