マリ:いくつかの政党が憲法改正案を拒否 - JeuneAfrique.com

Ibrahim BoubacarKeïta(IBK)は、木曜日にクルバで憲法改正案を発表し、マリの政党や市民社会団体に発表した。 何人かの政治関係者がすでにプロジェクトに対する拒絶を表明しており、事前に全国的な政治的対話を確立する必要性を主張している。

11 4月IBKは、政党や市民社会組織の指導者たちに憲法改正案のコピーを渡しました。 専門家委員会の作業の結果 「平和と和解のための協定に含まれる制度上の条項を考慮に入れる」と「これまでの憲法改正の試みの関連提案」を考慮しながら、彼らは3ヶ月間働いた、とMakan Moussa Sissoko教授は言う委員会の委員長

結果:とりわけ、選挙組織を担当する組織を単一の独立した恒久的な組織に統一することを提案する文章。 それはまたそれを臨時裁判所にするために共和国の機関のリストから高等法院を廃止することを規定している。

専門家らはまた、「共和国大統領が5年にわたって直接の普遍的な選挙権と2回の投票で多数決で選出される」と規定している憲法の第30条を「完全にロックする」ことを提案している。 この記事によると、大統領は一度だけ再選の資格がある。「共和国大統領の任務の数と期間は変更できなかった」と専門家委員会の報告者であるSidi Mohamed Diawaraは主張する。 現在の版の文章では、「汚職と不法な富裕化との闘いは市民の義務となり、テロリズムはマリの人々に対する不可解な犯罪と見なされている」と記者は述べている。

難しいコンセンサス

長所として、いくつかの改革提案は全会一致ですが、形式は問題があります。 年の初めにマリア人への誓いの中で彼の憲法改正案の復活以来、IBKは2017の大失敗を避けるために包括的なプロセスの必要性を主張しています。 大統領は彼のプロジェクトに対する通りの圧力から後退しなければならなかった。 しかし4ヵ月後、憲法改正への取り組み方についての違いは変わりません。 領土分権化省(MATD)が率いる協議の全国的枠組みは、多くの政党によって避けられています。 これは政府、政党、市民社会組織だけでなく武装グループでも行われるはずです。

4月の11にIBKがクロウバを訪問することを拒否した締約国もある。 これはとりわけ野党を集めた民主主義のための戦線(FSD)の場合である。 SoumaïlaCisséの共和国と民主主義の連合(URD) et TiébiléDraméのルネッサンス国民党(Parena) - 市民社会団体と同様に。
正当な理由で、反対派のスポークスパーソンの一人であるNouhoum Togoは、後者が文書の作成に関連していなかったと明記している。 「私達はこの仕事と関係がなかった。 尊重されるべき手続きがあり、私たちもこの憲法草案の中で自分自身を認めていないことを認めていません」と彼は言います。野党は憲法改正を担当する専門家に引き渡された文書を用意した。

「いかなる改革も国民の政治的対話から来なければならない。 これは今日のケースではありません、 "FSDのメンバーでもあるNouhoum Sarrは付け加えます。 「憲法改正の問題は国民会議でマリアンに向けられなければならない。 しかし、それは今日の優先事項ではありません。 マリアンは、虐殺、社会的緊張、そして経済の復活を終わらせたい」と2018の大統領選挙でスポークスマンのSoumaïlaCissé氏を付け加えた。

共有する見方 Mohamed Youssouf Bathily、別名Ras Bath、共和国防衛のための集団のスポークスマン(CDR)2017の憲法改正に反対するデモの最前線で。 活動家にとっては、「現在の政治的および安全保障の文脈の中では、いかなる改革も修正も行うことはできない」

国民投票は6月の予定

11の副大統領であるAbdoulaye Diarraによって4月に1でKouloubaに代理されたイエレマ党は、そのプロセスが合意に反していると感じた。 「共和国大統領は、最低限の国民的合意を達成するために自ら政治的措置を講じなければならない。 SoumaïlaCisséとの対話を進める必要があります。 それから、私たちはチームとプログラムを一緒に決めて、これらの改革を実行するようにします。 これは委員会文書に基づいている可能性がある "と党首Moussa Mara、元首相は説明する。

IBKと野党党首との間の2月上旬の会合は、治安危機と悪い統治を非難するためのバマコ4月5でのデモの前に政治的緩和の希望を上げた。

憲法制定国民投票はMATDカレンダーによると、6月の2019に予定されている. ミカドラジオとのインタビューでは、 マリにおける国連の代表団であるマヌマット・サレ・アナディフは、次のように警告している。「マリにおける憲法改正は、マリアン間の封鎖を構成するものであってはならない」。

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ