動脈をきれいにし健康に保つためにあなたが食べるべき14食品 - HEALTH PLUS MAG

動脈をきれいにし健康に保つために食べるべき14食品

世界保健機関(WHO)によると、世界の主な死因である心血管疾患は、心臓や血管に影響を与える一連の障害です。 喫煙、座りがちな生活習慣、糖尿病または高脂血症のようないくつかの要因がこれらの出現につながります。 心血管疾患を予防するためには、健康的なライフスタイルを採用し、動脈の健康を改善する食品を促進することが不可欠です。 ここにあなたの食事療法に心血管障害から守るために組み込むべき15食品があります。

梗塞、脳卒中、アテローム性動脈硬化症、生命を脅かす可能性がある多くの疾患。 E-タイムズ、それらを避けるために、それを促進することによって健康的なライフスタイルを持つことが不可欠であることを私達に説明しますエクササイズ そして動脈をきれいにする食物。 イワシが心血管の健康に良いことを知っていましたか? あなたが以下の行を読むならば、あなたはあなたがあなたの動脈を保護するためにあなたの食事療法に取り入れる必要があるものを知っているでしょう。

1-オレンジ

柑橘系の果物は動脈を開くのに理想的な食べ物です。 それはペクチンでいっぱいで、体による悪いコレステロールの吸収を妨げます。 これによると 調査オレンジジュースを頻繁に摂取すると、血中に存在するコレステロールをかなり減らすことができます。

2-ケール

葉野菜は特に動脈の洗浄に推奨されます。 キャベツ カーリー。 オメガ3、抗酸化物質、繊維が豊富なこの食品は、動脈疾患を発症する可能性のある人々に好まれるべきです。

3 - ほうれん草

ビタミンAとCが豊富なほうれん草は、ベータカロチンの優れた供給源でもあります。 これによると 調査、この食べ物は動脈の硬直性と戦うのに非常に効果的です。

4-手榴弾

この美味しい果物は動脈の詰まりを除去するのに効果的です。 プニカ酸と抗酸化物質が豊富で、動脈の内側にプラークが形成されるのを防ぎます。 これは 科学的に 実証済み:その消費はすべての心血管疾患との闘いに役立ちます。

5 - ゴマ

これらの種子はアテローム性動脈硬化症の発症と戦うのに理想的です。 これによると 調査、それらの抗酸化力と抗炎症力は心血管系の本当の盾として機能します。

6-ニンニク

多くの美徳で知られているように、ニンニクはプラークと血圧を減らすのにも効果的です。 によると 研究者、食品はアテローム性動脈硬化症の影響を軽減するために有用です。

7-ダークチョコレート

ココアとフラボノイドの豊富さのおかげで、 チョコレート 黒はそれを可能にします 動脈 より柔軟で心臓病を予防します。 一日の小さな広場は全体的な健康にその利益を享受することをお勧めします。

8-レモン

その強力な抗酸化力のおかげで、レモンは動脈と心臓の健康に優れています。 ザ・柑橘類 ビタミンCも豊富に含まれているため、炎症が軽減され、血中のコレステロール値が低下します。

9-ウコン

ゴールデンスパイスはに対して効果的です アテローム性動脈硬化症 そして血中のコレステロール値を下げるために。 ポリフェノールが豊富で、それは動脈そしてより一般的には心血管系を保護するのを助けます。

10 - イワシ

オメガ3と脂肪酸が豊富で、イワシは心臓の健康のために最も推奨される魚です。 彼らは善玉コレステロールのレベルを上げ、炎症を減らすことができます。 これによると 調査、イワシは心血管の健康を守るのに役立ちます。

11-レンズ

それらの高いマグネシウム、カリウムおよびタンパク質含有量のおかげで、レンズは動脈のプラークを減らすのを助けます。 これは 科学的に 証明された:これらの油糧種子の消費は心臓に推奨されます。

12 - アーモンド

それらの抗酸化力のおかげで、アーモンドは冠状動脈の健康のために推薦されます。 によると 研究者、それらはほとんどのために責任がある高脂血症を下げます 心血管疾患.

13-スイカ

アミノ酸であるシトルリンが豊富なスイカは、炎症を治し、動脈をきれいにするのを助けます。 本 フルーツ また一酸化窒素、血圧を下げる要素が豊富です。

14 - ブルーベリー

ブルーベリーは抗酸化作用が評価されています。 それらはアテローム性動脈硬化症の原因であるプラークを減らし、原因であるフリーラジカルと戦う 心血管疾患.

警告:

これらの食品を食事に取り入れる前に、専門家に相談することが不可欠です。

注意として、レモンは胆嚢疾患、腎臓障害および胃の障害を持つ人々にはお勧めできません。

ニンニクは腸の病気の人にはお勧めできません。

ダークチョコレートは糖尿病の人々のために大量に禁止されることです。


この記事は、最初に登場しました ヘルスプラスマガジン