パンプキンシード - 悪玉コレステロールを減らし、肝臓と心臓の健康を改善するのに優れて

かぼちゃは とても便利な野菜 それは子供の食事療法そして食事療法プログラムでも使用されています。 果肉に加えて、果実の種子は、それらが乾燥されている場合、治療目的に広く使用されている。

カボチャの種は脂肪油、有機酸、ビタミンBとC、アミノ酸とカロチンを含んでいます。 約150種子を食べることは人体に必要なタンパク質、ビタミンK、マグネシウム、リン、鉄、銅と亜鉛を提供します。 全体として、カボチャの種はの倉庫です。 ビタミン そして有益な要素。

これらの優れた特性により、カボチャの種を使用して心臓の働きを改善し、さらに前立腺炎を治療することができます。 彼らはまたあなたが悪いコレステロールと戦うのを助け、あなたの血糖値を下げることができます。

それらは消化を改善し、炎症を減らし、そして胃、乳房、肺、前立腺および結腸の癌のリスクを減らすために推奨されます。

Pumpkin Seeds  - 悪玉コレステロールを減らし、肝臓と心臓の健康を改善するのに優れていますLightspring / Shutterstock.com

生または調理したカボチャの種を食べることができます。 サラダ、ヨーグルト、ペストリーにそれらを加えるか、または軽食としてそれらを単独で食べてください。 カボチャの種の料理のサンプル:

  • サラダを加えてさわやかな味を出す。
  • 朝食には、ナッツ、みじん切りのドライフルーツ、ヨーグルトを混ぜる。
  • オリーブオイルとクミンで焼きます。
  • 種をブレンダーで粉砕してバターを得る(それらが非常に乾燥している場合は、少量の水を加える)。

カボチャの種はあなたがそれらにそれらを含める場合は体に非常に有益になる可能性があります ダイエット。 あなたは確かにあなたの健康とあなたの全身状態の改善に気づくでしょう。


この記事は情報提供のみを目的としています。 この記事に記載されている情報を使用する前に、自己薬を使用しないでください。 編集委員会はいかなる結果も保証するものではなく、この記事に記載された情報の使用に起因する悪またはその他の結果に責任を負うものではありません。

この記事が最初に登場しました FABIOSA.FR