ルワンダでのフランスの役割:社会党は「真実の演説を開く」ための上訴に署名することを拒否 - JeuneAfrique.com

Lors des commémorations du génocide des Tutsi au Rwanda, le 7 avril 2019 au stade Amahoro à Kigali. © Ben Curtis/AP/SIPA

Le premier secrétaire du parti socialiste français a refusé d’apposer sa signature au bas d’une lettre ouverte enjoignant Emmanuel Macron à « tenir un discours de vérité » sur le rôle de la France dans le génocide des Tutsi. Selon Olivier Faure, les autorités rwandaises « instrumentalisent le génocide pour consolider leur dictature ».

フランス社会党の最初の書記であるOlivier Faureは、4月初めにいくつかの日刊紙で公開された公開書簡への参加を拒否した。 ル·モンド25e記念のためにエマニュエル・マクロンにルワンダへ行き、 ツチの大量虐殺におけるフランスの役割についての「真実の演説を開く」.

あなたは今、あなたのJeune Afriqueアカウントに接続されていますが、あなたはJeune Afrique Digitalに加入していません

これは 加入者のみ


7,99€からの購読無制限のすべてのアイテムにアクセスする

すでに加入者ですか?

助けが必要

加入者のメリット

  1. 1。 サイトとアプリケーションJeuneafrique.com上の無制限のすべての記事にアクセスする(iOs&Android)
  2. 2。 Jeune AfriqueアプリThe Magazine(iOS&Android)で、発行前24時間の各号とシリーズ外のJeune Afriqueのプレビューを入手してください。
  3. 3。 購読者向けの毎日の貯蓄ニュースレターを受信
  4. 4。 2年の若いアフリカのアーカイブをデジタル版でお楽しみください
  5. 5。 毎月のオファー暗黙のうちに再生可能な期間の約束なしの購読*

*サービスは無制限のサブスクリプションでのみ利用可能です。

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ