聖母マリアの火:エリザベス2世からプーチンへ、反応は流れ続ける

月曜日の夜にパリのノートルダム大聖堂を破壊した火事の後、世界中から火曜日に反応が続きました。

- エリザベス女王2世これはイングランド教会の長でもある。 "フィリップ王子と私はノートルダム大聖堂を破壊した火のイメージを見てとても悲しんでいた。 私の考えと私の祈りは、この困難な時期には大聖堂とフランス全土に忠実であった」(フランス大統領への手紙)

- フランシス教皇 :「ノートルダム大聖堂が再建の仕事とすべての動員のおかげで、街の中心にあるこの美しい環境、それを建てた人々の信仰のしるし、教会になることができることを私は望む。あなたの教区、パリ、フランス、そして人類の建築的、精神的遺産の母」(テレグラム、パリの大司教宛、Mgr Michel Aupetit)。

この惨事は、パリ市内で最も象徴的な歴史的建造物の1つだけでなく、世界中の何百万もの忠実な人々のための祈りと瞑想の場にも影響を及ぼしています

- ロシア大統領ウラジミール・プーチン大統領 「ノートルダムはフランスの歴史的象徴であり、ヨーロッパと世界の文化の貴重な宝であり、キリスト教崇拝の最も重要な場所の一つです。 昨夜パリで起こった悲劇は、ロシア人の心の痛みです」(Emmanuel Macronへのメッセージ)。

- 中国大統領のXi Jinping 「パリのノートルダム大聖堂はフランス文明の重要な象徴であり、人類の特別な宝物です」 彼は、フランスが大聖堂を修復することができ、そして建物が「その素晴らしさを取り戻すだろう」と確信していたと語った(Emmanuel Macronへのメッセージ)。

- 安倍晋三首相 「パリの尊敬されている象徴であるノートルダム大聖堂が炎に破壊されたのを見て、私は非常にショックを受けています。 私は、政府と日本の人々を代表して、フランス国民に心からのお悔やみを申し上げます」(マクロン大統領へのメッセージ)。

- ルクセンブルクのアンリ大公とその妻マリアテレサ :「ノートルダム大聖堂の火のイメージが昨夜私たちの心を壊した。 今日、私たちはフランス文明のこの高い場所が全世界でまた輝くように生まれている動員の動きに敬意を表したい」(Emmanuel Macronへのメール)。

- オーストリア国家元首アレクサンドル・ファン・デル・ベレン :「ヨーロッパと世界の共感は、みんなが見ることのできる共通の文化的および精神的遺産の重要性を証明している」(twitter)。

- ドイツ外務大臣Heiko Maas 「エマニュエル・マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂の再建のためにフランスを超えた援助を求めている ドイツは、すべての友情において、準備ができています。 私たちは喪に瀕しています。 聖母は人類の遺産に属し、ヨーロッパの象徴です。

- スペイン文化大臣JoséGuirao :「明らかに、それは警告信号であり、私達はすべての施設の見直しを始めます」(公共ラジオで) RNE).

- 一番右のドイツのリーダー、アリス・ヴァイデル :「イースター週の間に、#OurDameは燃えます。 3月には、2番目に大きい教会Saint-Sulpiceが燃えます。 2月:フランスで47が攻撃。 ヨーロッパの不寛容とキリスト教の差別の展望台は大幅な増加を非難しています。 #OurDameCathedral "(Twitter)

- モロッコ王モハメッド6世 :彼の考えはフランス人全員に移った(...)この大惨事はパリの街の最も象徴的な歴史的建造物の1つだけでなく、何百万もの忠実な世界のための祈りと瞑想の場にも影響全体」(マクロン大統領への「支持」と「連帯」のメッセージ)。

- Andrzej Duda、ポーランド大統領 :ポーランドは「私たちのアイデンティティのダイヤモンドである破壊された寺院の再建のためのヨーロッパの連帯行動に参加する準備ができています」(Emmanuel Macron宛ての手紙)。

- Alassane Ouattara、コートジボワール大統領 「ノートルダム大聖堂を破壊した恐ろしい火事の後、私はフランスとクリスチャン社会全体との連帯を表明しました」(Twitter)。

- Macky Sall、セネガル大統領 :ノートルダム・ド・パリは「フランスの最大のシンボルのひとつです(...)セネガルを代表して、私はフランスと世界中のキリスト教徒のコミュニティー全体に連帯を表明します」(Twitter)。

SOURCE: https://fr.africanews.com/2019/04/16/incendie-de-notre-dame-d-elizabeth-ii-a-poutine-les-reactions-continuent-d/