肺がん、少し誤解

10人中4人以上のフランス人は、肺がんを患っている人が「彼らの害に責任がある」と信じています... 10人中6人がまたこれらの患者が社会によって罪を犯されると信じています。 一方、医師は、自分たちの患者はそれよりはるかに多くの場合、非難されていると考えがちです。 今日の報道機関に提示されたこれらの結果は、6 001フランスの成人および3月に437で調査された2019医師に焦点を合わせた「クロスアイド」調査*からのものです。

33での000 46の死亡および000 2018の新規症例数が増加するにつれて France (の数字によるとINCA肺癌は男性では癌による死亡の主な原因であり、女性では2番目の原因です。 後者では、それは明らかに喫煙に関連している1980以来絶えず成長しています。 それでも、インタビューを受けた医師(ジェネラリスト、呼吸器専門医、腫瘍専門医)は、この問題に関するフランスの知識があまりないことに驚いた。 彼らは、彼らが人口の知識のレベルを過大評価する傾向があると認めます。

確かに、この場所は恐ろしいです - フランスのそれは脳のそれの後ろであるが、膵臓のそれの前に二番目に怖い癌 - そして病気はそれらの61%のために深刻であると認識されています。 しかし、問題となっている人々は、その症状について、あるいはその危険因子についてさえも、比較的相対的な知識を持っています。タバコ以外のものを挙げることができるのは2つのうち1つだけです。ディーゼルエンジン、ラドン、多環式芳香族炭化水素および特定の電離放射線の排出

後期診断

最も一般的に記載されている症状には、呼吸障害(咳、呼吸困難、慢性気管支炎)、および食欲不振または異常な疲労などの原因不明の一般的な健康障害が含まれます。 これらの徴候は非特異的で遅くなるので、診断は一般に、疾患がすでに進行しているか非常に進行している間に行われ、これは予後に直接影響を与える。 5年での生存率は16%にすぎませんが、管理時の疾患の進行度(病期)によって大きく異なります。 フランス人の3分の1は、この期間を過ぎると10%を下回ると考えています。

治療面では、手術、放射線療法および化学療法が長い間利用可能な唯一の武器でした。 しかし、10年未満前に、非小細胞肺がん(NSCLC、症例のほぼ85%を占める)に対して新しいタイプの治療法が登場しました。すべての分裂細胞に作用する従来の化学療法とは異なり、癌細胞特異的な増殖メカニズムを阻害します。 しかし、腫瘍には特定の遺伝子変異がなければならないため、15%の患者しか恩恵を受けることができません。 このような状況下では、フランス人の悲観論を理解するのは簡単です。その半分はこの病気の管理に特化したセンターの存在に気づいていません。

* Ipsos Instituteと共同で、バイオ医薬品研究所AstraZenecaによって実施された作業。

この記事は、最初に登場しました https://www.lepoint.fr/editos-du-point/anne-jeanblanc/le-cancer-du-poumon-un-mal-encore-meconnu-15-04-2019-2307786_57.php