Emmanuel Macronのスピーチのまとめ

エマニュエル・マクロン共和国大統領は、「5年以内に」再建を希望して、ノートルダム大聖堂で起こった火事に戻った。

短いスピーチで、火曜日16 4月、Emmanuel Macronはに戻りました パリのノートルダム大聖堂の前日に被害を与えた火災。 彼は国の大きな討論の後にしなければならなかった発表を押し戻して、彼に戻りましたe災害それを信じて 「誰もが彼ができることを与えた」。 共和国大統領は、彼が記念碑を再建されることを望んでいると宣言しました 「5年後に」すなわち、ここから2024です。 国家元首はまた、建物の再建のためのドナーの動員を歓迎した。

スピーチからの抜粋:

「私達はこの建築者です、私達に再建することがたくさんあります」。 エマニュエル・マクロン 火曜日に4月の16演説、ノートルダム・ド・パリを荒廃させた火の翌日。 共和国大統領は、大聖堂が再建されることを約束しました 「ここ5年」からに暗示を加えることを失敗することなく、 素晴らしい議論: 「我々には再建することがたくさんある」と国家元首は付け加えた。

「私たちは大聖堂をさらに美しく再建するつもりであり、5年以内に完成させたいと思います。 エマニュエル・マクロン氏は、6分以内のテレビでのライブで、エリゼのオフィスに座って、動員することができます。

消防士、警察、世話人、「英雄的」に挨拶して、彼はこの悲劇の後に国の統一を主張しました: 「私達は動員しそして克服するために団結するこの能力を見ました」。 彼はフランス人に「私たちよりも良くなる」こと、そして「私たちの国家プロジェクト、人間のプロジェクト、情熱的にフランス人のプロジェクトの糸を見つけること」を促しました。

source:https://www.lemonde.fr/societe/video/2019/04/16/notre-dame-de-paris-le-resume-du-discours-d-emmanuel-macron_5451201_3224.html