ノートルダム大聖堂の火に面した外からの反応。

ロンドンから見た:「そのような瞬間に、私たちはすべてヨーロッパ人ではないと偽って何を愚痴にする」
「私の考えは今夜フランス人とノートルダム大聖堂のひどい火事と戦っている救急隊と一緒です」サディク・カーンロンドン市長が同じチャンネルで次のように宣言している間、テレサ・メイ英首相はつぶやいた。 「ロンドンは今日パリと悲しみにあり、いつも友情にある」 を呼び起こす "炎の中のノートルダム大聖堂の悲痛なシーン".
火がまだ激怒している間に、カンタベリー大司教Justin Welbyは言った: 「今夜、私たちはノートルダム大聖堂の悲劇的な火事を戦っている消防士たちと、何百万人もの人々がイエス・キリストに出会ったこの素晴らしい神聖な場所を見守っているフランスの人々のために祈っています。」
イングランド教会の建築部長、ベッキー・クラークからのメッセージは有望だった。 「セントポール大聖堂はロンドンの大火で破壊され、コベントリーは爆弾で破壊された。 彼らは皆、キリスト教の信仰を築いた永遠と復活を思い出すために、時には違ったやり方で再建されました。」
このイベントをBrexitのコンテキストに入れて、Guardianは社説に次のように書いています。 「私たちはフランスの中心とヨーロッパの精神が突然残酷に引き裂かれたような気がします。 (...)そのような瞬間に、私たち全員がヨーロッパ人ではないというふりをするのは愚かなことです。」
フィリップバーナード、ロンドンの世界の特派員
Pinaultファミリーは、パリのノートルダム大聖堂のために数百万ユーロのブロックを解除し、François-Henri Pinaultを発表しました。

「この悲劇はフランス人全員を襲い、精神的価値観にこだわっているすべての人々を超えている。 そのような悲劇に直面して、誰もが私たちの遺産のこの宝石に命を吹き込みたいと思っています」と、家族を抱える会長と贅沢なグループKeringが書いています。

「私の父(FrançoisPinault、編集者注)と私自身は、これから、ノートルダムの完全な再建に必要な努力に参加するために、アルテミスの資金で100百万ユーロの合計を解放することを決定しました」彼は結論を出す。