モロッコ、人身売買と闘うための委員会を発足 - JeuneAfrique.com

モロッコは、人身売買に関する法律の採択から3年後に、人身売買と闘うための「国内委員会」を正式に立ち上げ、金曜日の公式情報源として発表されました。

「人身売買は容認できない現代的な奴隷制の形態である」と政府長官は述べた。 Saad-Eddine El Othmani モロッコの報道機関(MAP)によると、この委員会のメンバーのインストール中に、。

MAPによると、委員会はいくつかの省庁の代表者を集めて、この現象に対処するために政府に提案を提出しなければならないでしょう。

啓発キャンペーン

モロッコは8月に2016を禁じ、最大で30年の罰金を科せ、人身売買を犯罪とする法律を制定しました。

新しい委員会の設置に伴い、啓発キャンペーンが開始されました。

「この用語を聞いているほとんどの人は奴隷制を直接考えている」が、「現象はもっと広い」とYoutubeでビデオ放送が言っている。これは例として家事労働者の未成年者の募集と物乞いを引用している。

モロッコの協会によると、虐待を制限することを目的とした法律にもかかわらず、何千人もの国内未成年者がその国の雇用主によって搾取され虐待されています。

子供の物乞いはモロッコの大都市でも広まっている現象であり、地元の報道によると、これらの子供たちは家族によって「組織化されたネットワーク」に「借りられる」ことがあります。

移民密輸ネットワーク

違法移民も残る 「モロッコの人身売買に対して非常に脆弱」米国国務省からの報告によると、2017で公表されています。 その報告は、モロッコ政府による「犯罪密輸を起訴する」ための「限られた努力」に言及した。

モロッコ当局は頻繁にアナウンスします 「密輸ネットワーク」の解体、1月から3月にかけての検疫2019、最近宣言された 移民局長 内務省Khalid Zeroualiで。

モロッコは、今年の初めから30 000ヨーロッパへの違法入国の試みを中止したと、政府広報担当者のMustapha Khalfiは、「アクティブネットワーク」との闘いにおける王国の努力を称賛し、木曜日に発表した。この分野で。

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ