スーダン:抗議は火曜日から2日間のゼネストを発表 - JeuneAfrique.com

金曜日のスーダンでの抗議運動の指導者たちは、数週間にわたって民間人への権力譲渡に関する軍との交渉が行われていたため、「火曜日と水曜日」のゼネストストライキを求めた。

抗議の先頭に立っている自由と変革のための同盟(ALC)は、それがそれであったと声明で言いました " 選択肢の欠如のためにこの平和的な行動に頼ることを余儀なくされた«。

4月にオマル・アル=バシル大統領を解任した後に権力を握った軍との協議 意見の相違のため月曜日に中断された 移行を管理するために設定されなければならない将来の主権評議会の構成に関する そして人に - 民間人や兵士 - 誰が主導権を握るべきです。 それ以来、交渉が再開されるかどうかは誰にも示されていない。

「革命のプロセスを修正する」

国の実権を握っている将軍たちは、これまで民間人への権力譲渡を求めるコンテストの要求を拒否し、そのうちの1人が3年間国を率いることになっている主権評議会の率いることを主張した。 軍は国際社会の呼びかけに耳を貸さずに文民政府に権力を譲渡した。

「火曜日と水曜日に、企業、公共企業、民間企業、そしてあらゆる専門分野でゼネストが実施される予定だ。 シットインは首都と州で並行して組織されるだろう」と声明が言った。

木曜日に解除されるこのストライキは、によると意図されています ALCは「革命のプロセスを修正する 政治的不確実性に陥った国では、「その目的を達成する」。

腕相撲

6 4月以来、ハルツームの軍本部の前で何千ものスーダンのキャンプが昼夜を問わず。 彼らは、経済危機の最中に政府がパンの価格を3倍にするという決定により19 12月2018を抗議運動に誘った後のBashirの崩壊以来の権力で、将軍を置き換えるために市民政権を要求する。

4月14、抗議の指導者たちは軍事評議会に彼らの要求のリストを送った、その主な要求は文民政府への権力の移転であり、今も残っている。

2回の交渉の後、双方は4月の27に軍人と民間人からなる主権評議会を設立することに同意した。

交渉は5月に再開され、移行期間は3年に設定されました。 13時間中、協議はその後中断され、将軍たちはハルツームのいくつかの道路でデモ隊が設定した障害の終わりを再開すると主張した。

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ