タンザニア:死んだ82でタンカーの爆発が増加-JeuneAfrique.com

Un membre des forces de sécurité tanzaniennes surveille la carcasse d’un camion-citerne accidenté, dont l’explosion a fait des dizaines de morts parmi les passants qui tentaient de le siphonner, le 10 août 2019, à Morogoro. © STRINGER/AFP

Le bilan de l’explosion d’un camion-citerne en Tanzanie était mercredi 14 août de 82 morts, après le décès depuis lundi soir de sept personnes qui ont succombé à leurs graves blessures, a-t-on appris de source hospitalière.

「6人の負傷者が昨日(火曜日)に死亡した」と、ダルエスサラーム国立病院のスポークスウーマン、Aminiel Aligaeshaは水曜日に語った。

「現在、(国立病院で)32が負傷しており、17は集中治療を受けています。 これらの負傷者の命を救うために、私たちはできる限り懸命に戦い続けています」と彼は付け加えました。

調査委員会

災害は土曜日の朝、経済首都ダルエスサラームから西に数キロ離れたムサムブで発生しました。 犠牲者はオートバイのタクシー運転手と見物人です より重い重量から流れていた燃料を吸い上げた 目撃者によると、オートバイを避けようとしている。

カッシム・マジャリワ首相は、日曜日、1つ以上の機関がこの災害の管理における責任を果たしていないかどうかを確認するための調査委員会の設立を発表した。 委員会は金曜日に最初の結論を出すことが期待されています。

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ