ホーム 経済 ロシア:アフリカ大陸での「小人」の復ven? -YoungAfrica.com

ロシア:アフリカ大陸での「小人」の復ven? -YoungAfrica.com

0
ロシア:アフリカ大陸での「小人」の復ven? -YoungAfrica.com

コナクリ(ギニア)。 ロシアのアルミニウム大手であるルサルが所有するキンディアボーキサイトカンパニーのマイニングポート。 ©Pierre GLEIZES / REA

ロシア人は、ヨーロッパ、中国、アメリカの競合他社と距離を置いて、30年間失われた地を取り戻すことを夢見ています。 操作はそれほどひどく関与していません。

数式はすべてのレポートに返されますが、お世辞ではありません。 経済的には、アフリカのロシアは「小人」になるでしょう。 そして、数字はそれを確認しているようです。 2018では、両当事者間の合計取引額は17億(北アフリカの4分の3)を超えませんでした。 比較のために、量 ヨーロッパとの交流 275億でピークに達しました。 図は、中国が200億、インドが70億、米国が53億です。

これらの交換の慎み深さは非常に論理的であり、ロシアのGDPは中国、米国、主要な欧州諸国、さらにはインド、ブラジルから。 さらに、ウラジミール・プーチンは、工業製品の主要な輸出国ではありません。 それはすべての曖昧さです

この記事は、最初に登場しました 若手アフリカ