ノーベル賞受賞者は、人類は永遠に地球にとどまる運命にあると語る-BGR

次の5年間で、NASAは人々を月に送り返すことを計画しています。 NASAは将来を見据えて、火星への乗組員の旅の舞台にもなりつつあります。この刺激的な宇宙探査のおかげで、多くの人々は必然的に、人間が現れるまでにどのくらいの時間が経過したのか疑問に思うようになりました別の世界に落ち着く。

科学者であり、ノーベル物理学賞の受賞者であるミシェル・マイヤーは、地球を緑の空のために去る男についてあまり語りたくない。 実際、最近のインタビューで AFP 市長は、地球のような太陽系外惑星を植民地化する方法は見当たらず、夢を見るのではなく健康を保つためにかなりの資源を費やすべきだと言った

市長は、私たちの惑星と近隣の太陽系との間の距離は絶対に巨大であると指摘して彼の議論を述べています。 もちろん、彼は正しいです。そして、私たちの観点から潜在的に居住可能であると思われるそれらの太陽系外惑星でさえ、私たちが確信するにはまだ遠すぎます。

惑星が居住可能であり、人間がその表面に自由かつ安全に存在できることを確信していても、そこに到達する本当の方法はありません。 距離、時間、安全は禁止要因であり、新しい場所を優先して文明を根こそぎにすることは遠い可能性すらありません。

「これらの惑星は遠すぎます。 あまり遠くない住みやすい惑星の非常に楽観的な場合でさえ、数十光年と言ってください。かなり、「市長は言った AFP。 。 「現在の手段を使用して、何億日も話しています。 私たちは地球の世話をしなければなりません、それは非常に美しく、完全に居住可能なままです。 "

市長は、人間が地球を完全に破壊した場合、単に「クレイジー」と呼ぶことができるという考えに特に関心を持っています。 [19659002]人類には今のところ救命艇がありません。 技術は、他の世界や他の太陽系を探索することを可能にしますが、人類がただ荷物をまとめて出て行くことはほとんどありません。 それを念頭に置いて、おそらく唯一の惑星を正常に機能させることをお勧めします。

画像ソース:リードワイズマン/ NASA

この記事は、最初に(英語で) BGR