インド:HCはスイス人女性のルート調査を支援しています| インドのニュース

ムンバイ:スイスに住んでいるインド人の養子縁組に対する救済として、ボンベイ地方裁判所は水曜日に彼の委任状を介して彼のインドのルーツを検索することを許可しました。
マハラシュトラ州の女性と子供の開発部は第三者による調査に反対しましたが、高等裁判所は障害、それと現在の場所との間の距離、および彼女が構成した弁護士は、そのような状況では、第三者とみなすことができないことがわかりました。
Beena Makhijani Mullerは、インドの31 March 1978で生まれました。 同年に採択され、現在はスイスのアルビスストにあります。 彼女の請願によれば、彼女はムンバイの養子縁組機関であるアシャ・サダンのVKマヒジャーニに養子にされ、その後スイスに連れて行かれたという。
2013で、彼女は自分のルーツ(生物学的親)を検索することを決定し、中央養子縁組リソース機関(CARA)に連絡しました。状態。 2015の5月、彼女は研究のためにAnjali Pawar PoAを任命した後、ダムに出会いました。
44養子縁組規則(2017)に基づき、法廷でも引用されている、検察官は養子のルーツに関する詳細が記載された第三者であるというPravin Sawant伝えることができた。 彼は、詳細は受益者にしか伝えられないことを明確にした。

Mullerのアプリケーションでは、SCの1984の歴史的順序が参照されます。これは、養子が成人になったときに自分のルーツを知る権利を認めていました。 HCは、PoAの研究を支援するよう州当局に要請しました。 彼女は、PoAは1998以降、子供、女性、その他の社会問題の保護のために働いていたPuneの居住者であると主張しました。
擁護によれば、Pawarは2006以来、国際的な養子縁組の問題に取り組んでおり、実親を探している養子縁組者を支援してきました。 ミュラーは、彼女がインドに長く滞在することはできないと言ったため、彼の身元を知ることは養子の基本的な権利であったため、彼女の弁護士に彼女のルート研究ファイルの世話を依頼した。起源。

この記事は、最初に(英語で) インドの時代