教皇フランシス、教会へのシフトで、同性の市民連合の支持を表明-ニューヨークタイムズ

0 388

教皇フランシスは、水曜日に初演されたドキュメンタリーで行われた発言の中で同性の市民組合への支持を表明しました。これは、同性愛者の認識において教会の新たな基盤を築いた前任者からの重要なブレークです。

ローマカトリック教会の指導者からの発言は、世界中の国々における同性カップルの法的地位についての議論を変える可能性があり、組合が伝統的な結婚を脅かすのではないかと心配している司教たちを不安にさせました。

「私たちが作成しなければならないのは、市民組合法です。 そうすれば、彼らは合法的にカバーされます」とフランシスは言い、ゲイの人々は神の子供であるという彼の見解を繰り返した。 「私はそのために立ち上がった。」

多くの同性愛者のカトリック教徒と教会外の彼らの同盟国は、教会内での同性愛者の結婚に対するフランシスの反対が絶対的なままであることを理解していると彼らが言ったとしても、教皇の発言を歓迎した。

教会の階層内、特に米国の教会の保守的な部門での彼の保守的な批評家は、彼を教会の教義を薄めたと長年非難してきましたが、その発言は教会の教えの矛盾であると見なしていました。

本日ローマ映画祭でデビューしたドキュメンタリー「フランチェスコ」のディレクターであるエフゲニー・アフィネフスキーは、フランシスが映画のために彼に直接発言したと述べた。 彼は、以前ブエノスアイレスの枢機卿大司教として市民組合を支持していた教皇がいつ発言したかについての質問には答えなかった。

フランシスは、支持者と批評家の両方を同様に狂わせる、すぐに使える公の発言をする傾向があります。 映画のコメントは、かつて教会の文化戦争で禁じられていたと考えられていた問題について、教皇が教会内で繰り返し育てようと努めてきたまさにそのような議論を生み出す可能性があります。

フランシスはすでに同性愛に関連する質問で教会の調子を劇的に変えていましたが、彼は政策についてほとんど何もせず、教義を変えず、彼のより寛大な支持者の何人かでさえ彼がほとんど話しているかどうか疑問に思いました。

新しい発言が政策に何らかの影響を与えるかどうかは別の問題であり、特に同性愛に対する寛容性が低いアフリカ、南アメリカ、アジアの国々で将来の成長が見込まれる教会ではそうです。

2019年XNUMX月にバチカンで開かれた国際教会指導者の臨時会議で、聖職者の性的虐待について話し合ったとき、たとえば、これらの地域の司教は一部のバチカン当局者を苛立たせ、西ヨーロッパのより寛大な司教は 小児性愛は同性愛に関連していると主張することによって.

ドキュメンタリーでの発言は、フランシスのゲイの人々に対する一般的な支持と一致していましたが、イタリア、アイルランド、アルゼンチンなどの伝統的なカトリック諸国でさえ近年許可されている市民組合の問題について、おそらく彼の最も具体的で目立ったものでした。

2010年、アルゼンチンが同性愛者の結婚を承認しようとしていたとき、当時ブエノスアイレスの枢機卿大司教だったフランシスは、同性愛者のカップルのための市民組合のアイデアをサポートすることによって、伝統的な結婚を保護するための実用的な解決策を考え出しました。

2014年の教皇として、彼はイタリア最大の新聞であるCorriere della Seraに、市民組合を合法化する国々は主に同性のパートナーに法的権利と医療給付を与えるためにそうし、包括的な立場を表明することはできないと語った。

「さまざまなケースを見て、さまざまなケースで評価する必要があります」と彼は言いました。

しかし、ドキュメンタリーでのフランシスの発言は、市民組合を教皇として、そしてカメラで明示的に支持しており、教会による同性愛者のカップルの認識をめぐる議論にはるかに大きな影響を与える可能性がありました。

「同性愛者には家族の一員になる権利があります」とフランシスはドキュメンタリーの別の時点で述べています。 彼らは神の子供であり、家族への権利を持っています。 誰も捨てられたり、それが原因で惨めになったりしてはいけません。」

バチカンのスポークスマンであるマッテオ・ブルーニは、映画と教皇の発言を見るまでコメントを控えた。

教会の教えは同性愛者であることを罪とは見なしませんが、同性愛者の行為を「本質的に無秩序」と見なし、ひいては同性愛者の方向性は「客観的に無秩序」であると考えています。

教会の教義はまた、結婚は男性と女性の間であると明確に述べており、フランシスの教えは揺るぎなく支持しています。

しかし、フランシスの前任者たちは市民組合に反対を表明していました。

2003年、教皇ヨハネパウロXNUMX世の教皇の下で、教会の信仰の教義のための会衆は、将来の教皇ベネディクトXVIが率いる教義上の番犬として、「同性愛者間の組合に法的承認を与える提案に関する検討事項」を発表しました。

文書には、「教会は、同性愛者を尊重することは、同性愛者の行動の承認や同性愛者の組合の法的承認につながることはできないと教えています」と書かれています。

これらの見解は教会の教えに組み込まれていませんでしたが、特定の国で政治的に影響力を持つ可能性のある司教や一部の司教会議は、伝統的な結婚への脅威として市民組合に反対することがよくありました。

教会内の市民組合の擁護者たちは、教皇の発言をそれらの努力への大きな打撃として、そして教会のゲイの人々との長く苦痛な関係における大きな突破口としてとらえました。

「これは、教会とLGBTQの人々との関係における大きな前進です」と牧師は言いました。 ゲイのカトリック教徒を教会でより歓迎していると感じさせる方法についての本を書き、教皇と個人的に会い、バチカン通信事務局の顧問を務めたイエズス会の司祭、ジェームズ・マーティン。

「同性の市民組合が結婚に対する脅威であると司教が言うのは難しくなるだろう」と彼は言った。 「これは紛れもないサポートです。」

カトリックの階層内で教皇の最も一貫した批評家の何人かは、教皇が市民組合を支持しているようであり、彼らはそれに悩まされていることに同意しました。

ロードアイランドのプロビデンスのトーマス・トービン司教は、教皇の発言に応えて、「教皇の声明は、同性の組合についての教会の長年の教えと明らかに矛盾している」と述べた。 「教会は客観的に不道徳な関係の受け入れを支持することはできません。」

しかし、それは彼がこの主題に関する教会の教えを変えたことを意味するものではなく、フランシスはゲイの人々に励ましの言葉を述べた実績があります。

2013年から、ブラジルからの教皇の帰りの飛行機で、同性愛者に対する彼の寛容さは、同性愛と同性愛者の結婚についての教義の叱責にもっと慣れていた教会内の信者と教会外の世俗的なファンを驚かせました。

「私が判断するのは誰か」とフランシスは、その飛行中のおそらく同性愛者の司祭について尋ねられたときに有名に答えました。

家族をテーマにした2016年の画期的なドキュメント「AmorisLaetitia」で または「愛の喜び」-フランシスは同性の結婚を拒否しましたが、同性愛者、独身の両親、同居している未婚のまっすぐなカップルなど、非伝統的な関係にある人々を歓迎するように司祭に呼びかけました。

彼はまた、彼が友人であり、同性愛者であるチリの性的虐待の生存者であるフアン・カルロス・クルスに、「神はあなたをこのように作り、あなたをこのように愛し、教皇はあなたをこのように愛している」と語った。

彼はマーティン神父と個人的に会いました。マーティン神父はLGBTQカトリック教徒に手を差し伸べることを彼のミニストリーの基礎にしました。

しかし、フランシスの下で、教会はまた、個人が自分の性別を選ぶことができるという考えとしてそれが投げかけたものを拒否し、彼はまた、同性愛者を認めない方がよいとセミナーの指導者に言いました。

「少しでも疑問がある場合は、拒否したほうがいい」と彼はかつて言った。 「彼らが二重の生活を送るよりも、彼らが奉仕や奉献された生活を送る方が良いのです。」

批評家は、彼の教会の規則が同性愛者の司祭を二重の生活に追いやったと指摘しました。

この記事はhttps://www.nytimes.com/2020/10/21/world/europe/pope-francis-same-sex-civil-unions.htmlに最初に(英語で)掲載されました

コメントを残します

あなたのメールアドレスは公開されません。